資料請求 見学予約

広大な一つの敷地内に、
ご自宅と賃貸テラスハウスを建設

  • 計画ゼロからしっかりサポート
  • 耐震等級3
  • 理想の家
vol.62 T様邸
延床面積
139.14m²(42.08 坪)
敷地面積
174.97m²(52.92 坪)
工法・構造
木造在来工法

品質の高い自宅と賃貸テラスハウスを、理想的な価格で

  • ご自宅敷地の有効活用としてアパートの建設をご希望されていたT様。
    さまざまな住宅メーカーが土地活用を提案する中、「一番イメージ通りの家を建ててくれると感じた」という理由から東栄住宅を選んでいただきました。課題の一つだったのが、以前から大切にされている蔵書やT家の思い出の詰まった品々が並ぶ郷土資料館をどうするかという点。
    30回以上の打ち合わせを重ね、理想的な敷地の使い方実現するとともに、T様ご家族の思い出もしっかりと残すことに成功しました。

  • JA 東京中央支部長兼資産管理部会副部長を歴任される施主T様(2019.12月現在)
  • 新しく建てたご自宅と奥にTさまご所有の郷土資料館。隣接する賃貸テラスハウス。

家族の歴史を残し、親戚が集まれる広々としたリビング

  • 木の温もりと落ち着いた色合いでまとめられた1F部分において、唯一ビビットなカラーが映えるキッチン。実はキッチンに立つと、家の中のすべてを一目で見渡すことができる…という仕掛けになっています。

  • 玄関やお手洗いからも一番近く、リビングの隣には、T様のお母様の居室になる和室。襖に模様を入れることで、シンプルながら飽きの来ない佇まいになっています。

  • 造作の仏壇は、通常よりも幅の広い沖縄風。また仏壇の横には旧母屋の床柱を残し、ご先祖様と共に、T様が幼少時代から過ごしてきた旧母屋を偲びます

  • リビングの神棚や和室の欄干には、旧母屋の素材をそのまま利用。T家の歴史を感じるとともに、お父様が建てた旧母屋を思い出せる仕様になっています。

  • 中央に家紋の「丸に違い鷹の羽紋(鷹の羽紋)」が模された和室の欄干。

キッチンに立つと、ダイニングや和室・玄関が見渡せるだけでなく、家の前から伸びるまっすぐな道にも視線がつながり、家の中心にいることを実感できます。さながら岩手県の「曲り家」のようです。

家族だけが集まる、もう一つのリビング

2階には多目的スペースとしてのもう一つのリビング。来客の多い1 階とは異なり、ご家族や限られた方のみが寛ぐ、プライベートスペースとして利用できます。

  • ベランダに出入りするための大きめの窓や階段下を収納スペースとして有効活用。
    小屋裏へと続く階段も用意されています。

  • 住宅の裏側から階段を上がる、もう一つの玄関はまるで秘密基地への扉。
    そのまま居室にも入れるように、2 階にも洗面所やお手洗いを用意しました。

  • 光と風の入りやすい2 つの角部屋はそれぞれお子様たちの居室になる予定。各部屋は十分な広さのクローゼットがあります。

  • 主寝室となる真ん中の部屋には広めのクローゼット。雨の日の洗濯ものにも便利な室内干し用のユニットも今や定番の住宅設備の一つです。

  • 「最大限の広さを取りましょう」と営業が提案した広々とした小屋裏。採光用の窓やダウンライトにより、十分な明るさもあります。

都内でもめずらしい眺望

  • 近隣の住宅から頭一つ飛び出ていることで、屋上からは遠くまで見渡すことが可能。またアパート側には、目隠し用のパネルを設置しました。

プライベートと仕事の切り替えは、家の入り方から

  • 1 階の玄関まではスロープでアプローチが可能。またお仕事関連の方の訪問も多いということで、玄関の隣に事務スペースをつくり、そちら側にも入り口をつくりました。

  • 裏側には2 階に直接上がれる階段も設置。玄関やリビングを通らずに直接2 階のプライベートスペースに入ることができます。

  • 1 階のエントランスホールを広げ、仕事用の事務所スペースに。テーブルやイスを入れることで、デスクワークや仕事関連の来客対応にも使えます。

  • 玄関側から事務所スペースを見たところ。扉を開くとフラットにアクセスすることができるので、親戚などの来客が多い時には、“広い玄関”としても利用することが可能です。

ご自宅

  • 1 階平面図(ご自宅)

  • 2 階平面図(ご自宅)

  • ロフト階平面図(ご自宅)

  • -ご自宅-
    延床面積 139.14m²(42.08 坪)
    敷地面積 174.97m²(52.92 坪)
    工法・構造 木造在来工法

賃貸テラスハウス

  • 1 階平面図(賃貸テラスハウス)

  • 2 階平面図(賃貸テラスハウス)

  • ロフト階平面図(賃貸テラスハウス)

  • -賃貸テラスハウス-
    延床面積 295.41m²(89.35 坪)
    敷地面積 378.31m²(114.43 坪)
    工法・構造 木造在来工法

くらべて選んだ決め手は…

親身になって一緒に考えてくれた
いくつかのハウスメーカーを検討しましたが、一番親身に相談に乗ってくれたと感じたのが東栄住宅さんでした。上場企業グループの会社ということで安心感もありましたね。営業の鈴木さんは頭の回転が早く、こちらの意図をすぐに理解してくれたので助かりました。建屋が2つあったことなどで、通算の打ち合わせ回数は30回以上!営業、設計、コーディネーターの方はもちろん、床柱や神棚の再利用などは大工さんにも相談に乗ってもらうなど、みなさんの協力を得て、満足のいく家ができあがりました。

完成した家の特徴は?

新しさと懐かしさが同居する、T家の歴史を感じる家
「こんな家にしたい」という私たちの想いを、東栄住宅さんが見事に形にしてくれました。特に私がどうしてもと相談したのが、亡き父が70年以上前に建てた旧母屋の床柱や神棚、家紋入りの欄干などを再利用したいという点。こちらも大工さんにご尽力いただきました。先日引渡しが終わったばかりで、家具の搬入や引っ越し作業などはこれから。新しい家でどんな生活ができるのか、家族一同今から楽しみにしています。

東栄住宅 担当者より

営業T様、この度は当社でご自宅と賃貸住宅の建築を併せてお任せいただきまして、誠にありがとうございました。かなりの回数のお打合せと建物の綿密な検査を重ねさせていただきましたが、その甲斐あって、とても素敵な建物をお引渡しすることができ、とても嬉しく思います。年始には、新居に数十人のご親族がお集まりになるとのこと。「前の家の材料を残していることに、みんながどんな反応をするだろう」とT様が楽しそうに話されている姿がとても印象的でした。T様ご家族のたくさんの希望が詰まった新しいお住まいで、親戚の皆様と楽しい団欒、談笑のときをお過ごしいただければ幸いです。ありがとうございました。(営業 鈴木)

趣暮は、検討後期のお客さまから多く選ばれています。
家づくりの総合力を、他社とくらべてみてください。