友人と叶えた理想の住まい – E様編- 思いがけないきっかけから憧れの注文住宅を実現

VOL.54

思いがけないきっかけから憧れの注文住宅が。注文住宅でしかできない様々なアイデアを家の随所に。

E様邸

延床面積
111.78m²(33.81坪)
敷地面積
141.03m²(42.66坪)
工法・構造
木造在来工法

計画ゼロからスタートでも、十分に満足な家づくりができた

「いつかはマイホームを...」と考えてはいたものの、なかなか具体的な行動に移すタイミングがなかったというE様ご家族。ある時、ご主人の古くからのご友人で現在も家族ぐるみでお付き合いがあったというI様から、「宅地探しに行くので一緒に来ないか」というお誘いが。最初は「ただ付いていくだけのつもりだった」というE様ですが、不動産屋さんが紹介してくれた土地がI様の想定した予算や広さの2倍以上。不動産屋さんからの提案もあり、「これもいいきっかけ」とばかりに2家族で2分割して購入することに。思いがけないきっかけから、憧れの注文住宅を建てることができました。

  • 同時にお隣に建てられたご友人のI様ご家族と。

  • I様邸・E様邸 敷地配置図

ダイニングテーブルを置かないことで、リビングの広さを最大限に

あえて「ダイニングテーブルを置かない」という広々としたリビング。

  • ダイニングテーブルの代わりに据え付けのカウンター。カウンターの下にはベンチシート。

  • 毎日の食事はもちろん、お子様の勉強場所にも。4人家族で並んでも十分な広さ。

リビングの真ん中には、家族で座れるソファー。折上天井もアクセントに。リビング横の和室は小上がりになっているので、ちょっと腰を下ろすのにも便利。

日々の生活に彩りを添えてくれる、ちょっとしたアイデアたち

  • 「家族のプライベートを尊重したい」という考えから階段は玄関に。でもこの階段にも秘密が...。

    キッチンには、あると便利なスパイスニッチ。スペースを有効活用。

  • 玄関から見るとダークブラウンの階段も、上から見るとホワイトに。2つの顔があります。

  • リビングに入ってすぐのクローク収納は、お子様も手の届きやすい高さに。

  • お手洗いは階段下のスペースを使っているため、収納棚を設置しても十分な広さ。

  • 洗濯機パンを囲む“蹴込み”は、お引渡し後のDIYによるもの。

  • 浴室の水洗の上にはあえてカウンターを設置せずに、スッキリさせました。

子ども部屋と主寝室の広さにもこだわりあり

大きな一部屋としても、二部屋としても使える子ども部屋。現在は、一部屋を寝室に、もう一部屋を遊び部屋として利用しています。

  • フラフープができるくらい広々とした主寝室。将来はここをホームシアターにする計画も。

  • 主寝室の置くには、L字型のウォークインクロゼット。扉がないこともこだわりの一つ。

外観にもこだわりを表現

【左】アディダス好きのご主人のリクエストで外観には 3本ライン。
【右】玄関ポーチにもラインをいれてアクセントに。

  • 1F 平面図

  • 2F 平面図

SHUKURA-趣暮-を選んでいただいた決め手は?

計画ゼロからの家づくりをしっかりとサポートしてくれた
以前は建売住宅を探していた時期もありましたが、いい出会いがなくて断念していました、その後、元もと古くからの友人であるIからの誘いで始まった家づくり。正直、最初は具体的なイメージは何もありませんでした(笑)。そこから少しずつ夫婦でアイデアを出し合い、それを実現してくれたのが東栄住宅さんです。予算の都合もあったので、「これはできる」「これはできません」とはっきり言ってもらえたのも良かったですね。以前の賃貸住まいと同じくらいの支払い金額で、注文住宅を建てることができて大満足です。

完成した家の特徴は?

1階と2階で雰囲気を変え、飽きの来ない暮らしを実現
1階は白を基調とした広さを感じる空間に、2階は木のぬくもりが感じられる暖かい雰囲気でと、異なるイメージを持たせることがテーマでした。また、階段の色を上からと下からと見る方向によって変えたり、家の裏側に3本ラインを入れたりなど、小さなこだわりが実現できたのは嬉しいですね。実際に暮らしてみて便利だと感じているのは、リビングの折上天井につけたシーリングファンとキッチンのスパイスニッチ。シーリングは空気が循環して快適、スパイスニッチも使いやすいので重宝しています。これもすべて東栄住宅さんと、宅地探しに誘ってくれたIのお陰です(笑)。

東栄住宅 担当者より

E様、この度は誠にありがとうございます。E様との出会いは、以前から取引のある地元の有力不動産業者様からのご紹介でした。今回、ご友人のI様とご一緒に購入した敷地を 2 分割して、同時期に家を建てられるというお話で、それぞれにご提案させていただきました。個人情報もあるためこちらから双方の事情や情報をお伝えすることはありませんでしたが、元もと仲の良いお二家族様ということで共通している部分があったり、一方で正反対の考え方をされていたりと、私自身もとても楽しくお打ち合わせをさせていただくことができました。結果、それぞれの想いが詰まった、まったく異なるタイプの家を建てることができたのではないかと思っています。E様については、「将来を考えた家づくり」をテーマに、いろいろと提案をさせていただきました。これからもご家族様同士が素敵なご関係でお過ごしいただけることを願っております。ありがとうございました。(営業 石原)