生活のしやすさを想像しながら、+1アイデアでつくった家

VOL.36

生活のしやすさを想像しながら、+1アイデアでつくった家

N様邸

延床面積
99.36m²(30.05坪)
敷地面積
127.60m²(38.59坪)
工法・構造
在来軸組工法

30年以上団地住まいをしてきたというN様ご一家。お母様が身体を悪くしたことをきっかけに、これからの暮らしを考え直すことにしました。エレベーターのあるマンションや建売住宅などの選択肢がある中で、「同じ住み替えをするなら…」ということで思い切って自分たちのアイデアを活かせる注文住宅を選ぶことに。できあがった家で過ごす時間を想像しながら、日々の暮らしの過ごしやすさにこだわった家づくりが始まりました。

家族が集まれる
広々としたリビングに+1アイデア

お孫さんたちが遊びに来たときにも皆で集まれるように広さを重視したリビング。また室内で飼っている猫が冬の朝に身体を温めやすいようにと、床置きのガスファンヒーター用に壁にガス栓を取り付けてあります。

  • ゴミ箱が引き出しの中に収まるように設計されたキッチン収納。

    キッチンカウンターにも食器が並べられるように約30cmの幅があります。

  • テレビやインターネットの配線はすべて据付のテレビボードと壁の中へ。

    壁掛けのテレビは、角度を変えられるアームに取り付けられています。

いつまでも不自由なく暮らせるための+1アイデア

玄関ホールからはお母様の居室・お風呂・お手洗いへ。人感センサー付きのライトで、夜のお手洗いも安全です。

  • 雨の日でも出入りがしやすいように、広めの玄関ポーチ。

  • 玄関には収納式の腰掛けがついています。

  • 部屋干し用の物干しは、リモコンで上げ下ろしが可能。

  • 雨戸の開閉もリモコンで操作できます。

  • テラスへのガラス戸は3連引き戸で、広々とした出入り口に。

  • トイレの中の手洗いはキャビネット付きタイプのもので腰を痛めません。

  • 洗濯機のそばにも、一時的に洗濯物を掛けられるように室内物干しを設置。

趣味に没頭できる
居心地のよさを追求した+1アイデア

2階の主寝室の入り口には、趣味の蔵書をズラリと並べられる書庫スペースを。

  • 南側には寝具を干すにも便利な約7mの長いバルコニー。

  • すべての部屋が角部屋のため、明るさや風通しも十分にあります。

小屋裏を便利に使うための+1アイデア

  • 普段使わないものは小屋裏に収納してすっきり。階段の途中からでも出し入れがしやすいように、壁をなくしてあります。

ちょっとした工夫が暮らしを快適にしてくれる+1アイデア

  • 小窓は網戸を開けずに開閉ができるようにハンドル式。虫などが入ってきません。

  • カギをポケットに入れたまま、取っ手に触れるだけで開け閉めができる電子ロック。

SHUKURA-趣暮-を選んでいただいた決め手は?
土地探しや予算など親身になって考えてくれた

以前の住まいからあまり離れたところへは引越しをしたくなかったので、まずは近くの住宅展示場で住宅メーカーを決めるところから始めました。いくつかの住宅メーカーさんを訪問した後、一番予算にあった提案をしてくれたのが東栄住宅さん。また土地探しについても、営業の中馬さんが親身になって手伝ってくれたおかげで、いい場所を見つけることができました。間取りや設備についても、私たちの意見をしっかりと取り入れてもらえたので、満足のいく家づくりをすることができました。

完成した家の特徴は?
これからの人生を快適に暮らすためのアイデアが詰まった家

これから歳を取って身体が動きづらくなっても快適に過ごせるようにと、子どもたちが様々なアイデアを出してくれました。今は何でもリモコンで操作することができるので、本当に便利ですね。団地からの住み替えで階段の上り下りがなくなっただけでも、随分と暮らしやすくなりました。またスーパーマーケットが適度な距離にあるため、いい運動もできます。長年飼っている犬も、毎日散歩に連れ出してもらえるので、とても嬉しそうですね(笑)。

東栄住宅 担当営業より

N様、この度はありがとうございました。今回の家づくりでは、土地探しからお手伝いさせていただきました。テーマは「生活のしやすさ」で、土地探しも平坦な立地選びでした。お住まいとしましても、電動シャッター・収納式の腰掛け・階段で上がれる小屋裏収納など、日々の生活について、しっかりと考えたつくりになりました。今後もN様ご家族が楽しい日々を過ごしていただけることを、心から願っております。(営業 中馬)