三世帯が暮らす広さと癒しを、和洋と今昔の融合で実現

VOL.19

三世帯が暮らす広さと癒しを、和洋と今昔の融合で実現

O様邸

延床面積
157.74m²(47.70坪)
敷地面積
600.28m²(181.58坪)
工法・構造
木造軸組工法
ご家族構成
祖父、お父様、お母様、ご主人、奥様、お子さん
三世帯が暮らす広さと癒しを、和洋と今昔の融合で実現

外観 和モダンカラーがシックな外観。重厚感ある落ち着いた雰囲気に。

三世帯が暮らす広さと癒しを、和洋と今昔の融合で実現

太陽光発電を設置するため、屋根型にも配慮しました。

旧家の面影を残すために、庭の一部はそのままに。

息吹を感じるご先祖さまからの贈り物。井戸はこれからも継承していきます。

モデルハウスを一目見て、スグにイメージが湧きました

コンセプトは…
日本家屋のイメージを残しながら、より広い三世帯住宅へと変身させること

1年前に義祖母様が亡くなったことで一人暮らしすることになった義祖父様。残った家屋と土地をどうしていくかと思案していたとき、「いっそ義父母も一緒に、皆で暮らせる家に建て替えよう!」とご主人が英断されてスタートした、三世帯住宅への建て替えプロジェクト。弊社、モデルハウスを訪れたときに「こんなイメージの家に住みたい」と思われたそうです。

三世帯が暮らす広さと癒しを、和洋と今昔の融合で実現

リビングには十分な広さと家族の癒しのためのこだわりを

リビングには十分な広さと家族の癒しのためのこだわりを

家族が集まるリビングは、イメージ元であるモデルハウスの間取りをベースに壁や柱を移動させ広さにこだわりました。

リビングには十分な広さと家族の癒しのためのこだわりを

「みんなお酒が大好きなんです」というO様ご家族。キッチンのL字カウンターは、バーや居酒屋のカウンター席をイメージしたのだそう。家族みんなで料理をしたり、賑やかな毎日を過ごしています。

リビングには十分な広さと家族の癒しのためのこだわりを

キッチン横のパントリーは収納力アップ。使い勝手を重視し、限られた空間をアクセントクロスで明るい印象に。

リビングには十分な広さと家族の癒しのためのこだわりを

リビング天井には奥様お気に入りの照明付きシーリングファンを設置。

毎日の発電量はこのモニターでチェック。家族の楽しみの一つになりました。

リビングには十分な広さと家族の癒しのためのこだわりを

リビングに隣接した趣のある和室。これからは趣味の手ぬぐいを飾ることで、より落ち着いた雰囲気に仕上げます。

義祖父様の居室になる和室は玄関からすぐの場所に。仏壇や神棚を設置できるように工夫しました。

リビングには十分な広さと家族の癒しのためのこだわりを

仏壇と神棚に私用した棚木は愛着深い旧家屋の木材を再利用。新しい家に合わせて生まれ変わりました

リビングには十分な広さと家族の癒しのためのこだわりを

浴室も広さと使いやすさを重視。気持ちがリフレッシュできる、ミストサウナがお気に入り。

リビングには十分な広さと家族の癒しのためのこだわりを

階段は段差を低くして上りやすく。窓からの光を取り入れ、そこにインテリアでアクセント。

居室はそれぞれプライベートをしっかりと確保

居室はそれぞれプライベートをしっかりと確保

ウォークインクローゼットも備えたご両親の部屋は12.2畳。この部屋だけでも十分寛げます。

  • 居室はそれぞれプライベートをしっかりと確保
  • 居室はそれぞれプライベートをしっかりと確保
居室はそれぞれプライベートをしっかりと確保

各居室には季節ものにも対応可能な収納を配置。広々バルコニーでは、夫婦のゆったりとした時が流れる場所に。

SHUKURA-趣暮-を選んでいただいた決め手は?
モデルハウスを見て即決

しゅくらプラザ日野のモデルハウスを訪れたとき、すぐにイメージが湧き、このままボリュームアップしようと家族でアイディアを加えていきました。また、決め手となったのはやっぱり営業担当の方でした。とても親しみやすいお人柄の良さに惹かれ、提案もさることながらコスト削減にもご尽力くださったのも決定打の一つです。

完成した家の特徴は?
三世帯で住んでも広く使えて癒しになる空間に

一緒に住む84歳になる義祖父がもともと住んでいた自宅の建替えだったため、庭や仏壇、神棚といったものは残して、日本家屋をイメージしながら皆が快適に使える空間を心がけました。お酒が好きな家族なので、ゆっくりとお酒を楽しめる空間にしたかったこともあります。今後は、テラスでバーベキュー、庭で自家菜園、広いリビングに近所の人を呼んでカラオケ大会と、やりたいことが目一杯あります(笑)

東栄住宅 担当営業より

三世帯住宅の建替えを検討されていたO様ご家族。最初からイメージを強くお持ちでしたので、間取りの打ち合わせでは、すぐに具体的なお話を進めさせていただくことができました。また、ご主人が建築関係のお仕事をされており、私が知らなかったことを教えていただくなど、大変勉強にもなりました。ご家族様のご意見をいただきながら、とても楽しくお打合せをさせていただき感謝しております。今後とも末永いお付き合いの程、宜しくお願い致します。

資料請求・お問い合わせ